プラハ本駅で学んだ、心に余裕を持つということ。 | メゾン・オルキデ
広告

プラハ本駅で学んだ、心に余裕を持つということ。

チェコ旅行
広告

2年くらい前にチェコへ行った時、

プラハ本駅で1.5時間くらい電車が遅延していました。

 

私は自由気ままな一人旅だったので

あぁ久々に海外旅行の洗礼をうけたなぁ、まぁそんなこともあるか。

と思って、コーヒーを飲んだり駅中をふらふら歩いていたら、

フリーピアノの周りに人が集まっていて、

何やらすごく楽しそうな雰囲気。

 

(フリーピアノは、エスカレーターを上がったホームとの間にあります。)

 

 

グランドピアノではないところも、なんだかいい。

このピアノの近くにはベンチもあって、

遅延している電車の到着を待つ人達が

のんびりとピアノを聴いていました。

 

その素敵な雰囲気に引き込まれて私もピアノ鑑賞に参加。

 

1曲終わるごとに大きな拍手が送られて

私も隣の人と微笑み合ったりしたりして

とってもピースフルな空間に居合わすことができて

あぁ、生きていてよかった

って、少し大げさだけれど思いました。

 

皆、遅延にイライラする様子も無く、その場を楽しそうに過ごしていて、

私もその場の雰囲気で、

日本の通勤時であったら100%嫌になっていたであろう状況を

気付いたら楽しく過ごしていたのです。

 

心に余裕を持つってこういうことなんだなぁ

と、身をもってプラハ本駅で体感しました。

 

(因みに、プラハ駅はジプシーも見かけず、人も多すぎず、

綺麗でこじんまりとしていて、色々な面で居心地の良い駅でした。)

 

ちょっとトラブルがあったとしても、

これくらいの大らかに構えて時間を使えた方が

絶対人生が豊になるよなぁ。

これくらいが丁度良いんだ、と変にしっくりきました。

 

あんまり怒っても仕方ないし、

多少何かあっても

笑い飛ばせるくらいの余裕をいつも持ちたいものです。

 

アールヌーヴォー、いいですね♡美しいです。

 

この駅、開業した1871年当時はオーストリア帝国領だったので

「皇帝フランツ・ヨーゼフ駅」という名前だったそうです。 

 

チェコという国は、所々に占領下時代、共産国時代の名残があって

旅の途中途中で、美しさの中に少しもの悲しさを感じました。

 

XXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXX
ランキングに参加しています。

にほんブログ村 ハンドメイドブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村
XXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXX

オルキデ

服飾とアートと旅が好きなアラサーによる雑記。たま~に、大人バレエの話も。
 
10代の頃より洋裁、編み物、絵画漬けの日常を送ってます。
コロナ禍でシンプルでシックな生活に憧れるようになりました。
 
お問合せ:maison.orchidee21@gmail.com
 

オルキデをフォローする
チェコ旅行
広告
広告
オルキデをフォローする
広告
メゾン・オルキデ

コメント

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました