クリスマスイブでも、意外とパリ観光できた話 | メゾン・オルキデ
広告

クリスマスイブでも、意外とパリ観光できた話

フランス旅行
広告

メリークリスマス、でした。

遂に、最後に海外旅行へ行ってから2年が経ちました。本当に世の中がすっかり変わってしまいましたね…。

私の2年前の最後の海外旅行はフランス。

クリスマスど真ん中だったり、数年振りの大規模なストもあったりで、本当に行くかどうか迷ったけれど、行ける時に行って良かったと思っています。

 

ストはともかくとして、ヨーロッパのクリスマス12月24,25日って、どっこもかしこもクローズしている印象があったんですね。

これ、行っても観光する場所無いんじゃないかな…と、とても不安だったのです。

…が、案外パリで楽しく観光出来ました。

 

具体的には、12月24日の夕方にシャルルドゴール空港着。

スト中で大渋滞の中、1時間半ほどかけて、パリ市内のホテルへ到着。

その日は近くのスーパーへ買い出しへ行き、夕食をして就寝。

 

翌日25日にはセーヌ川のクルーズと、ポンピドゥーセンターでアート鑑賞をしました。(本当は夜にバレエを観たかったのですが、ストで中止に…。)

 

セーヌ川から見たエッフェル塔。

(一緒に乗船していたマダムが超ハイセンスで素敵でしびれました。)

ポンピドゥーセンターのチケット売り場付近。鹿さんが可愛いですね。

そして、通りかかった修復中のノートルダム大聖堂に心が痛みました…。(当時、これより先は立ち入り禁止でした。)

 

でね。

パリの街並みを見て思ったのは、

意外と皆普段通りに生活して、店舗も通常通り営業しているんだなぁってことです。

 

クリスマスってどの家も家族と家に籠って過ごして、お店も全然開いていない、って私の偏見だったのかしら。

…と、全然楽しく観光出来てしまって、逆に拍子抜けしたお幸せなエピソードでした。

コロナが落ち着いて、もしクリスマスイブにパリへ行かれることになった方、余り心配しなくても大丈夫だと思います。

 

コメント

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました