【チェコ・クトナーホラ】ナームニェーチの聖母マリア教会 | メゾン・オルキデ
広告

【チェコ・クトナーホラ】ナームニェーチの聖母マリア教会

チェコ旅行
広告

懐かしい想い出話です。

私は無宗教(家系的には仏教)なのですが、教会の空間はなんとも不思議な魅力があって、ヨーロッパへ旅行へ行った時の大きな楽しみの一つです。

この、チェコの都心部からやや離れたクトナー・ホラという地域にある教会はどれも見応えが抜群で、今までの旅の中でも、本当に感動しました。

 

今日紹介する、ナームニェーチの聖母マリア教会は、

ここ、天国みたいだなぁ

って、心がふわ〜っと解放されるような気持ちになった教会。

 

 

豪華絢爛さはあまり感じられないかもしれないけれど、明るくて、光が柔らかく入ってきて、クリーム色の壁面が優しくて。

なんだかわからないけれど、守られているような感覚になって。

 

 

ガラガラでした。映画の撮影ができそうだなぁ。

 

 

そして古い。歴史が深い。

 

 

宗教画も見応えがあります!!

 

 

 

教会の美術って素晴らしい。

 

当時は階段を登って、屋根裏のような場所へも入ることができました。

 

 

ここで一つ、チェコあるあるなのが、

建物が古過ぎて、結構な高さでも階段でしか登れない

ってことです。

 

しかも、大体大きくはない螺旋階段をくるくるくるくる淡々と登ります。

 

そして、息切れしながら観光客同士でほほ笑み合う…。

なんだろう、このピースフルな一体感は。

 

チェコにいた7日間くらい、こんな螺旋階段を昇り降りしまくっていたら、3日目あたりから足が慣れてきました。笑

 

こういう空間、ワクワクしますね。

 

地域の子供たちが描いた教会の絵が展示されていました。

都市部で観光客しか来ないのではないか、というような教会とは違って、こういう地域に根付いているような光景を見ると、なんだか安心します。

 

この優しい教会、当時の建設当時の技術では最先端で、奥行きも高さも、これだけの大きさで建てるには相当な技術が必要だったようです。そして、この街も、昔は鉱山の産業が盛んで、プラハに並ぶほどの大都市だったのだとか。

私はクトナ・ホラ全体の、のどかな今の雰囲気が好きで、PC1台でお仕事出来るなら、こんなところでノマド生活をしたいなぁ…、なんて思いました。

 

コメント

  1. ぼたもち より:

    チェコ…いつか行ってみたいなぁ。

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました