カンポ・デ・クリプターナの風車群とドン・キホーテ | メゾン・オルキデ
広告

カンポ・デ・クリプターナの風車群とドン・キホーテ

スペイン旅行
広告

帝国劇場で何度も上演されている「ラマンチャの男」と、
クラシックバレエの「ドン・キホーテ」



「ラマンチャの男」重厚なイメージで、

バレエの「ドン・キホーテ」明るく華やかなイメージ。

作品の雰囲気が違い過ぎて全然リンクしないけれど、
元ネタは同じ、小説の「ドン・キホーテ」
(おじさんが騎士道の小説を読み過ぎて、妄想と現実がわからなくなってしまう話。)


もう、はじめて「ラマンチャの男」を観た時、
舞台演出としては過激な場面もあるし、
なんともむごいというか、衝撃的で。
1週間くらいずどーんと思い気持ちを引きずっておりました。

私、割と母も舞台好きで色々観てきた方かと思うのですが、
人生で「これは大人の公演だな」と初めて感じた公演は
「ラマンチャの男」です。笑

今日は、2018年の夏に行った、
ドン・キホーテの舞台になったっぽい風車群の思い出話。

ドン・キホーテの小説には
モデルになっている具体的な地名は出てこない
ので、


この小説が流行った時、
どの村も「わが町こそがドン・キホーテの舞台だ!」
信じて誇りに思っていたらしいんです。

その中でも、
ドン・キホーテが巨人と幻覚して突進した風車群
製粉機の用途で風車群が建てられたカンポ・デ・クリプターナの風景が一致して、


「この場面のモデルの場所は、多分カンポ・デ・クリプターナだよね!」
という共通認識になっているそうです。

(現地のガイドさんが教えてくださったお話です。)

観光した時、天気がものすごく良くて、
本当にドン・キホーテとサンチョが出てきそうな景色だったのです。

武骨に風車がぽんぽん並んでいて
す~っごくきれいな景色♡
という感じではないけれど、
タイムスリップしたような、少し哀愁の漂う景色が素敵。

ドン・キホーテとサンチョが見えそう!

(どうでも良い思い込みなのですが、
「ラマンチャの男」の舞台の出来って
サンチョにかかっているような気がします。)
(そして、私はサンチョのキャラクターが結構好きです。笑)

この風車群の手前(画像の右真ん中)にある石積みのお城。

なんという名前か忘れてしまったのですが、
このお城も、
なんとも武骨な雰囲気で廃墟感が良い味になっていました。


ドン・キホーテ、ドン・キホーテと思って観光していたのですが、
少し映画「プリンセス・ブライド・ストーリー」のような雰囲気もある場所だな
と思いました♡

バルセロナのような
街中全てがアート!
というのも楽しいけれど、

こういう少し素朴な風景も心が洗われる気がして好きです。


時々、この風車の写真を見返すと
視界が開けていて、綺麗な青空と風車の組み合わせが清々しくて、
心が軽くなって、元気になれる気がするんですよね。
とっても気に入っている写真です♡

ということで、
今日はドン・キホーテとスペイン旅行の思い出話でした!


今日もお付き合いいただき、ありがとうございます。
それではまた明日!

コメント

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました