【パピー発 手編みの本。Vol.13】変形ケーブル模様のプルオーバー | メゾン・オルキデ
広告

【パピー発 手編みの本。Vol.13】変形ケーブル模様のプルオーバー

服飾
広告

今年の秋冬は模様編みのセーターが流行ると聞きました。

流行っていても流行っていなくても、私の真冬の定番アイテムは、毎年手編みの厚地プルオーバーなんですけどもね。笑

そんな流行に便乗して、数年前からもう一度編みなおしたいなぁ…と思っているプルオーバーの紹介です。

因みに、今編みなおすのであれば、

  • もう少しゆったりめに編む
  • 編み図通りの丈にする

この辺が変更したいポイントです。

広告

Détail

このニット…

編みごたえ抜群!!!!

編み終わった後、変にいつもよりも達成感があった気がします。笑

こういう変形ケーブル模様って本当に大好きで、編んでいて楽しかった♡

 


こちらは制作途中の画

 

この子は学生時代に編んだ作品で、その後の色々な理由が重なり着る機会が無くなってしまい、数年間日の目を見ないことになります。(ごめんよ…。)

「うん、こりゃ一生着ないかも…」と思って、昨年バレエ腰巻に変身してもらい、冬場のレッスンでは毎週活躍する売れっ子になりました。

毛糸って、こういうことが出来るから好き。

素材が無駄にならないし、なんだか時代に合っている気がします。

Matériel

毛糸ピエロさん
ソフトメリノ
毛(メリノウール)100% 並太 40g玉巻(約85m) 
8.ワインレッド

多分、記憶では14玉くらい使用しました。


Livre de tricot 編み図

パピー発 手編みの本。Vol.13

15番の「ブリティッシュニットの象徴的な模様なわあみをアレンジしたセーター」

スカートに合わせやすいように、ショート丈にアレンジしています。

もう廃刊になってしまっているようですが、「パピー発 手編みの本」シリーズは大好きで、毎年発売を楽しみにしていました。

全部定番で、今見ても古いなぁ…ってデザインが全く無いので、毎シーズン何かしら制作しています。

 

コメント

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました