使っていないセーターを解いて、ハート柄のショールを編みました。 | メゾン・オルキデ
広告

使っていないセーターを解いて、ハート柄のショールを編みました。

服飾
広告

私の住んでいる地域、雪かな?と思ったらあっという間に雨に変わってしまいました。
久しぶりに雪が見られるかと思ったのですが残念。

今日は、昨年末に作ったショールを紹介します。

変身前のクローゼットで眠っていたセーター

 

真っ赤!(私はどうしても赤と黒が好きなのだ。)

この子は数年前(学生時代)に編んだけど着る機会が無く、この間解してしまったアランニット。

こちらを着なくなってしまった理由は

  • ショート丈で着回しにくい
  • フィットし過ぎて痒くなってしまう(ここ数年でアトピーが再発したため)

昨今のオーバーシルエットの流行(そろそろ終わるかな?)もあるけれど、ある程度丈が長い方が汎用性が高いんだよなぁ…。

変身後のショール

 

 

着なくなったニットを解いて、バレエ用の腰巻ショールにしました♡

実は、純毛のバレエ腰巻がずっと欲しくて…!

というのも、純毛だと重くなったり毛羽立つのが嫌で、夏場から少しずつ作ったアクリル混コットンで作った腰巻を使っていたのです。でも、流石に寒すぎて。

今季はコロナ対策で、真冬でも一部の窓は開いているし、よく全換気もするので冬場の寒さに耐えられない…ということで純メリノウールの腰巻を作りました。

先月までクリスマスっぽいし、今月は少しおめでたい感じになるし、2月はバレンタインっぽいし、3月には少しずつ暖かくなるので、この子も必要なくなるでしょう。
うん、冬季通しでちょうど良い感じになりました!笑

そして、思ったより軽く仕上がって良かった。

頻繁に洗うから直ぐ毛玉になるかもだけど大事に使おう☺️

使った毛糸

毛糸ピエロさんの中でも、特にこの毛糸はもう何年も愛用しています♡

今日も読んでいただき、ありがとうございました!

コメント

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました