世紀末ウィーンとオートクチュール | メゾン・オルキデ
広告

世紀末ウィーンとオートクチュール

服飾
広告

こんばんは。

今日は、懐かしい美術展の思い出話をしようと思います。

いきなりですが、

私、世紀末芸術が大好きなんです。

  

 

もう、学生時代、

世紀末芸術のデカダンスな雰囲気

ずりずりと引き込まれ

未だに帰ってこれなくなっているアラサー、オルキデです。

 

 

世紀末芸術の影響が、

私の趣味嗜好に色濃く出ているなぁ

と自分でつくづく思ってしまうんですよね。笑

初対面の人に「最初ミステリアスだったよ」とよく言われてしまいますしね。笑

 

 

勿論、印象派のように

絵画の背景を難しく読み解かなくても、純粋に、

綺麗!楽しい!!美しい!!!

というのも大好きなんですけどね。

 

でも、やっぱり、

美しいけれど少し危うい世界に惹かれてしまう…。 

特に、ウィーンの世紀末芸術が大好きなんです。

 

(さて、やっと本題まできた。)

 

2019年の夏ウィーンモダン展という素敵な美術展がありました。

 

(シーレもいますよ!)(凡人の私は言葉で表せないくらいシーレの作品も好き)

私、るんるんしながら大興奮で観に行ったのを覚えています。
(もう2年も経つのか。早いなぁ。)

その時、文化服装学院の生徒さんが

クリムトの作品からインスピレーションを受けて制作された

オートクチュールのお衣裳がと~~~っても素敵で♡

服飾っていいな♡

と、改めて思ったので、

素敵な写真をシェアさせていただきます。

1作品目

 

美しいですね♡

モデルはこの絵。

 

そっくりではないですか!

この絵は

クリムト作「エミーリエ・フレーゲの肖像」

(当時、来日した絵で、展覧会では珍しく写真撮影もOKという粋な計らい!)

 

この凛とした女性は

クリムトと結婚はしていないものの

生涯に渡っての大切なパートナーだったそうです♡

 

細部まで、よく造られていて凄いなぁ。

 

こういうお袖、今日のファッションにも落とし込まれていますよね。

 

エミーリエさんは、当時の女性としては珍しく、

ファッションブティックを経営していたそうですよ。

 

彼女のお写真も残っていて(検索すればすぐに出てきます)、

経済的に自立していて、凛とした自信に満ちている雰囲気が伝わってきて

素敵だな、って思いました。

 

続いて、2作品目

ゴージャス!

エレガントですね♡

 

こちらは特にモデルの絵画があるわけではないようですが、

エミーリエのためにクリムトがデザインしたドレスが

モデルになっているようです。

 

見れば見るほど、繊細で美しい。

 

ゴールドがベースになっている色味や

曲線と直線が重なりあうデザインから、

クリムトらしさが伝わってくるようなドレス。

 

一体、どれだけの制作時間がかかったのか、

血のにじむような手仕事。

凄いなぁ。

 

約100年前のファッションなのに、

ダサくないというか、

パリコレのルックに出てきても違和感のないドレス。

ウィーンのモダンアートってお洒落だなぁ。

この展覧会、当時のポスターなどの展示もあったのですが

ウィーンの世紀末アート、今日でも余裕で通用するお洒落さ。

凄い。やたらモダンなのです!

 

このドレスたち、展示会後は何処にあるのかわからないのですが、
(文化にあるのかしら?)

期間限定の展示が惜しいような素敵な作品でした。

絵画の中のドレスを再現する

というのは、見ていて本当にワクワクしますね。

またウィーン分離派の絵画に浸る旅に出たいなぁ。

 

 

ということで、

ウィーン分離派と未来ある若者の素敵な作品のお話でした。

今日もお付き合いいただき、ありがとうございました。

それではまた明日!

 

コメント

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました