ベルヴェデーレ宮殿内のオーストリア・ギャラリーで見られるエリザベートの絵画 | メゾン・オルキデ
広告

ベルヴェデーレ宮殿内のオーストリア・ギャラリーで見られるエリザベートの絵画

オーストリア旅行
広告

2019年の冬、エリザベートの生きた軌跡が見たくて、オーストリアへ行きました。

その時の、ベルヴェデーレ宮殿内にあるオーストリアギャラリーで所蔵している、エリザベート関連の絵画についてのまとめです。

広告

オーストリア・ギャラリーで所蔵しているエリザベートの絵画

Franz Russ der Jüngere「エリザベート皇后」

即位したての若き日のエリザベートかしら。

こちら、私が見に行った時は展示されておらず。

Theo Zasche 「エリザベート皇后」

こちらは、歳を重ねてからなような気がしますね。

黒いお洋服を着ているから、おそらくルドルフ亡き後のエリザベートかな。

Georg Martin Ignaz Raab 「エリザベート皇后」

定番の絵画!

見た事ある~~~!って思うエリザベート。

フランツと対になるように展示されていました。

Franz Xaver Winterhalter 「エリザベート皇后」

こちらもど定番。

エリザベートと言えばこの絵画。

ミュージカルのお衣裳になっている、あのドレス!!!

この絵、王宮にも王宮家具博物館にもレプリカはあったのですが、滞在中、本物を見ることはできませんでした。残念。

【番外編】アントン・ロマコ 「エリザベート皇后とセントバーナード」

ちょっと悪意のあるような描き方を感じてしまう、このエリザベート。

なんだか間延びしているし、表情も怖そう。それに全然エリザベートらしくないドレス…。

…と思ったら、こちらはオフィシャルで発注した絵画では無く、エリザベート直接見たことの無い画家が描いた絵画のようです。

このアントン・ロマコという画家、この絵以外は素敵な作品が沢山ありました。なんでもゴヤの影響を受けていた、と聞いて納得。このエリザベートの絵画にも、なんだかゴヤ感がでているなぁ、と。

基本的にエリザベートのグッズやポストカードって、オーストリアギャラリーのお土産屋さんでは販売しておらず、宮殿のお土産屋さんへ行かないの手に入りません(当時の情報です)。でも、このポストカードはオーストリアギャラリーで販売されていました。購入しませんでしたが…。

 

私が出会えた絵画

私が滞在中にみることができたのは、この2点。

1点目の肖像画を見ることができた時は、やっぱり本当に嬉しかったです。

 

全体的に、エリザベートの肖像画はレプリカの展示が多いなぁ…って印象です。

そして、王宮内等にあるエリザベートが使用していた本物の私物やドレス等は、写真撮影が基本NG。

エリザベート関連の展示に関しては、かなり厳しめの印象を受けました。

それだけエリザベートのファンが多いのかもしれません。

 

ウィーンへ観光へ行くと、

エリザベート、モーツァルト、クリムト

の3強が、街のいたるお土産屋さんに並んでいて、滞在が長くなるごとに、「今日もお疲れ様です」と声をかけたくなりました。笑

 

コメント

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました