ミュシャ美術館 | メゾン・オルキデ
広告

【プラハ】ミュシャ美術館の感想レポート

チェコ旅行
広告

プラハにある、ミュシャ美術館の思い出です。

とってもこじんまりとした小さな美術館ですが、ミュシャの生涯、軌跡を知るには凄く良い場所だと思います。

 

全然目立たない通りの建物1階部分が美術館になっています。

 

「ヒヤシンス姫」「黄道十二宮」

そして「モナコモンテカルロ」

背景の統一された、有名どころのポスターがずらっと並んでいて、入場する前からわくわく。

ドキドキがとまりません!!

広告

思い出のスクラップ

 

入場チケットは「黄道十二宮」。

現代でも、何度見てもお洒落、ダサくない。

ミュシャの手腕が光りますね。

色々なカラバリがありますが、この色合い、シックで大好き。プラハの街並みにもあっている気がしますね。

 

 

 

こちらは案内の簡易的なチラシ

アジア人用って感じです。チェコ語では「ミュシャ」より「ムハ」のほうが発音が近いのかな。

 

案内ガイドは、やっぱり「ヒヤシンス姫」

素敵ですね。

(値段は忘れてしまったのですが、案内ガイドは有料でした)

 

館内の感想

こんな感じで、本当に館内は狭いです。

それでも、発行当時に刷られた実物のポスターを見ることができたり、日本ではあまり見る機会のない「宝くじ」や油画「冬の夜」等の汎スラヴ主義の作品を見ることができて、大満足でした。

そして、ミュシャの素画やパステル画を見れたことも本当に幸せでした。

 

後ね、見てください、この人。

あの、ゴーギャン氏ですよ。

ミュシャととっても仲良しだったそうで、ゴーギャンがパリ時代にミュシャのアトリエに遊びに来た際の1ショット。(どんなシチュエーションなんでしょう、おじさんの素足…。笑)

ゴーギャンの弾いているオルガン(正式にはハーモニウムと言うらしい)はミュシャの宝物だったようです♡ミュシャが売れっ子で、生活に余裕がある様子がわかりますね。

 

館内は写真撮影がNGだったので、ゆっくり噛み締めて、しっかり目に焼き付けて見学。

展示面積に対して、お土産屋さんが充実していて、有名どころの大きめのポスターが安価で手に入るのでミュシャファンお勧めです♡

 

やっぱり「スラヴ叙事詩」が見たかった…

チェコ旅行の唯一の心残り…

折角プラハまできたのだから、連作「スラヴ叙事詩」が見たかった…

ってことです。

 

確か、2017年に新国立美術館で展示されていたのですが、仕事で機会を逃してしましい、この旅行中も時間の兼ね合いで見ることができず…

プラハのヴェレトゥルジュニー宮殿1階で一部は見られたようなんですね。

あぁぁ、後悔。

そもそも、調べた限りでは20点の連作全てを常展で見られることははないようです。

私が人生の中で一度は見てみたい絵画の1つ。もう一度来日してくれないかな…。

公式HP

 

正直、ミュシャのファンでなければ、「え?これだけ?」って感じの規模かもしれませんが、ミュシャファンであれば、胸が熱くなる事間違いなしのお勧めスポットです。

 

XXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXX
ランキングに参加しています。

にほんブログ村 ハンドメイドブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村
XXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXX

オルキデ

服飾とアートと旅が好きなアラサーによる雑記。たま~に、大人バレエの話も。
 
10代の頃より洋裁、編み物、絵画漬けの日常を送ってます。
コロナ禍でシンプルでシックな生活に憧れるようになりました。
 
お問合せ:maison.orchidee21@gmail.com
 

オルキデをフォローする
チェコ旅行
広告
広告
オルキデをフォローする
広告
メゾン・オルキデ

コメント

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました