【ヨーロッパの手編み2020/秋冬】ショート丈のプルオーバーを編みました。 | メゾン・オルキデ
広告

【ヨーロッパの手編み2020/秋冬】ショート丈のプルオーバーを編みました。

服飾
広告

作品No.7のセーターを編みました♡

 

 

ただ、私は超寒がりで真冬に七分袖は着ないので、長袖にアレンジして作ることにしました。

ハイウエストのデニムやスカートにぴったりの可愛い子に仕上がりました♡

編み図の変更点
お袖
2目ゴム編み8段→20段
14段+模様編み2つ分追加
身頃
メリヤス編み→かのこ編み

お袖の2目ゴム編みを編み終わってから気づいたのですが、この編み図、お袖は肩側から編みます。私は袖側から編んでしまって途中で「あ゛あ゛あ!!!」と思ったのですが、面倒くさくなってしまい編みなおしませんでした。笑

そして、編み目がガタガタしてます。
あああ、という感じですが、言い訳をしますと、このニット、元々は

 

 

この子だったのです。
(編み図は「毛糸ピエロさん2017AWカタログ」を見て作りました。)

可愛い編み図ですが全然着る機会が無いので、解いて編んだのですが、毛糸のうねりが残ったまま編んでしまったのですよね。これはマズイ、と思って身頃はかのこ編みにして誤魔化してしまいました。笑(元のデザインを活かせていなくて作者さんごめんなさい。)

このニットは作ってから3回も着なかったので、勿体なくて解いて新しいニットに変身させたのが、少し残念な感じになってしまった。でも普段着にすればいいか。そうします。

そしてこの毛糸、↓この作品でも使ったのに、

まだ残っているのです。また別の簡単な作品を作ろうと思います^^

今回の編み図

使用した毛糸

コメント

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました