【王宮家具博物館】エリザベートの体重計が見られる場所 | メゾン・オルキデ
広告

【王宮家具博物館】エリザベートの体重計が見られる場所

オーストリア旅行
広告
広告

王宮家具博物館

ウィーンの超穴場博物館(だと思っている)

王宮家具博物館。

 

王宮から離れた場所にあって、かなり人も少ない。

観光ツアーなどでは、まず行かないのでは?と思います。

 

 

そんなの博物館は主に家具、インテリア

ハプスブルク家の時代から近代までぎっしり展示されています。

 

ちょっと面白くてね。

 

そう、館内を歩いていると展示しきれない家具が丸見え

半分保管庫と化しているのです。笑

 

あまり観光客も来ないので、こんな感じなのでしょうか…。笑

 

エリザベートの体重計

隅から隅まで見てみるとかなり面白いのですが

私が一番見たかったのは、エリザベートの体重計

(宝塚のエリザベートが好きで…。)

 

昔の体重計ってこんな感じだったのですね。

 

沢山使い込んだのでしょう。

体重計の塗装が剝がれてしまっています。

 

エリザベートは身長172cm

45~47kg、ウエスト50cmを保っていた美貌の王妃。

 

姉にかわり、皇后のとなるための教育を受けないままに

オーストリアに嫁いでしまった故、

王宮での生活に馴染めず、美容に執着し、最終的に精神を病んでしまう…。

 

宝塚や帝劇でお馴染みの、私も大好きなミュージカルですが

オーストリアで実際に彼女の生きた軌跡を見ると

ちょっとショッキングでもあります。

 

エリザベート関連の展示、諸々

 

体重計の近くには沢山の写真が飾られています。

ニッコリ笑顔、というより、凛とした表情の写真が多いな。

因みに、エリザベートは歳を取って老い始めてからは写真を嫌っていたため

あまり写真が残っていないようです。

 

やっぱり、マリーアントワネット等と違って

写真に残っている、というのが、これまたリアリティがありますね。

 

しかし、館内は空いている…。(終始、ほぼ貸し切り状態)

 

エリザベートやフランツの愛用品もちらほら。

エリザベートと言えば扇子日傘

(ミュージカルでお馴染みの黒レースの扇子王宮のシシィ博物館で見られます。)

 

映画「シシィ」関連の展示

エリザベートを映画化した作品の舞台セットも展示されていました。

 

この映画、観たことは無いのですが

何だか味がありそうな古き良き時代の映画って感じです。

この時代の映画のポスターって、フォントも含めて可愛い。

 

ネグリジェのお衣裳がとっても可愛いです♡

 

 

この王宮家具博物館は

ウィーンの王宮関連の博物館で、数少ない写真撮影OKな場所。

1~2時間あればささっと回れます。

ウィーンを訪れた際、エリザベートファンの方、お時間のある方は是非。

 

コメント

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました